• ホーム
  • 勃起障害や皮膚疾患など陰部にかかわる医院での治療

勃起障害や皮膚疾患など陰部にかかわる医院での治療

後ろから女性を抱いている男性

勃起障害は血管や神経などに何らかの障害があると起こることがあり、飲酒や喫煙などにより、血管が狭まり血流量が少なくなってしまうと良くありません。
病気でも糖尿病や高血圧などになると陰部への血流が悪くなることがあります。
精神的な疾患やストレスによっても血行不良は起きるものですから、早めに治療を行うべきです。
陰部の手術を受けたことがある人は、勃起障害になることがあります。
また他の病気の治療のために服用している薬が原因になることもあるため、手術後や薬を服用し出してから明らかに変化した時には医師に相談を行いましょう。
陰部は様々な皮膚疾患を起こす部分であり治療は皮膚科でもできますが、勃起障害も伴っているなら皮膚疾患が関連している可能性もあるため泌尿器科の医院で診てもらうとより良いです。
かゆみを伴う皮膚疾患には毛じらみやダニによるもの真菌によるものなどがあり、他人にうつしてしまう可能性が高いので早めの治療が大切です。
炎症を起こし膿を持ちやすい部分でもあり、皮膚だけでなくリンパ管が腫れることもあります。
かなり膿が溜まるまで肥大化し、その後破れて出血を伴うこともあるため、早期に医院で膿を取り除いてもらったり、炎症に効く薬を利用して回復を目指した方が安心できます。
包茎の人が自分で皮をむいて放置してしまうと、皮がむくんで腫れあがることがあります。
放置する日数が長いと元に戻らなくなり、手術が必要になってしまうことがあるので、早めに皮膚科や泌尿器科のある医院に行って診てもらった方が良いです。
体の状態によって、どちらの医院に行けばよいか迷ってしまう場合がありますが手遅れになってしまうことが一番厄介であり医師に診てもらうことが大切で、治療できない時には紹介状を書いてもらったり、適切な診療科を教えてもらえるので、違和感を感じたらすぐに近くの医院に足を運ぶべきです。